2018年10月19日

千葉県の高齢者向け優良賃貸住宅の認定基準

千葉県の高齢者向け優良賃貸住宅の認定基準には、「高齢者向け住宅とその他の住宅との併存住宅とすること」という独自の規定があります。全戸数の四分の一以上を一般住戸とし、多世代のふれあいを大切にコミュニティーをつくろうというものです。この基準はD知事の強い要請だったそうです。 二〇〇三年に認定が始まってから二〇〇五年四月現在までに事業化したモデル物件は、ある二つのマンションです。特に二〇〇四年二月にオープンしたマンションは、子育て事業のNPO法人と提携して無認可保育所を開設し、世代交流のユニークな仕掛けが話題となっています。二件をコーディネートした、株式会社Aの代表取締役Kさんと、取締役不動産営業部部長のTさんにお話を伺いました。Aグルー

多世代共生の高優賃



Posted by 田崎 守 at 10:22│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
PR
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
田崎 守